ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

  • いのちとつながっています。
  • 見学コーナー
  • 献血バス運行スケジュール
  • 献血施設のご案内
  • 献血って?

血液の在庫状況2014年10月24日現在

  • 400ml赤血球製剤

  • 200ml赤血球製剤

  • 血液の在庫について

  • A型の血液 ピンチ
  • O型の血液 大ピンチ
  • B型の血液 大ピンチ
  • AB型の血液 大ピンチ
  • A型の血液 安定
  • O型の血液 普通
  • B型の血液 普通
  • AB型の血液 普通

血液の在庫について

血液センターでは、医療機関が1日に必要とする血液の約4日分を常に備蓄するようにしています。備蓄が4日分より少なくなると、医療機関へ安定的に血液をお届けできなくなる可能性があります。そのため、北海道内では1日約800人の献血協力を必要としています。
さらに血液には有効期間(赤血球製剤で採血後21日間、血小板製剤は採血後4日間)があり、長期保存できない為皆様の定期的な献血へのご協力が必要となります。

※400mL献血の重要性については献血の種類をご覧ください。

在庫の表示について

安定在庫 不足気味 不足 大変不足
安定在庫により、もう少し期間を空けてご協力を! 不足気味です。 ご協力をお願い します。 不足しています!積極的なご協力をお願いします! 大変不足しています!ご家族・お友達とお誘いあわせのうえご協力を!!

※満タン表示の場合でも、大量使用による医療機関への供給で献血会場において献血をお願いする場合もあります。