ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

献血って?

ホーム 献血って? 献血の種類

献血の種類

献血方法の比率献血には、成分献血と全血献血があります。全血献血は、血液中の全ての成分を献血していただく方法で、400mL献血と200mL献血の2種類があります。


一方、成分献血は、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。成分献血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血していただける特徴があります。
 
系統 成分献血 全血献血
種類 血小板成分献血 血漿成分献血 400mL 200mL
一口メモ 採血時間の目安 採血時間の目安
40~90分程度 10~15分程度
【主な用途】 【主な用途】 【主な用途】
血小板数の減少またはその機能低下による出血ないし出血傾向のある場合に使用される輸血用製剤となります。 複数の血液凝固因子の欠乏による出血ないし出血傾向のある場合に使用される輸血用製剤となります。
また、一部は血漿分画製剤の原料となります。
 献血いただいた血液は赤血球成分と血漿成分に分離されます。
赤血球成分は、出血および赤血球が不足する状態、またはその機能低下による酸素欠乏のある場合に使用される輸血用血液製剤となります。
また、血漿成分は左隣の「血漿成分献血」と同じ血液製剤となります。

400mL献血にご協力ください!

血液センターでは、輸血を受ける患者さんへの安全性をより向上させるために、献血基準を満たした方には400mL献血のご協力をお願いしています。


一人ひとりの血液は、たとえABOとRhの血液型が同じでも他の血液型が微妙に異なっています。このため、ひとりの患者さんに使われる輸血用血液製剤が、より少ない人数の血液によってまかなわれていればいるほど、輸血後の副作用(発熱、発疹など)発生の可能性が低くなります。

本文ここまで