ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

医療関係者の皆さまへ

ホーム 医療関係者の皆さまへ よくあるご質問 FFPを解凍したところ白く濁っていましたがどうしてですか?

FFPを解凍したところ白く濁っていましたがどうしてですか?

新鮮凍結血漿が白く濁るのは、献血者の食事等で摂取される脂質の影響によるものと考えられています。食物中の脂質は、アポタンパク質という特定のタンパクによって可溶化され、血漿リポタンパク質となって血漿中に存在します。
このリポタンパク質を比重で分類した場合、最も比重の小さい分子がカイロミクロンで、その大部分は中性脂肪(トリグリセライド)から構成されています。カイロミクロンは直径が75~1,200nmと大きく、光を散乱させてしまうため、血漿は白濁して見えます。その濁度と血漿中カイロミクロン濃度とは高い相関性が見られるといわれています。
濁度の高い新鮮凍結血漿については、血液センターでは凍結前に除外しており、製品化されません。ただし、凍結融解することによって凍結前より多少濁度が増すことがありますが2)、輸血効果に影響があったという報告はありません3),4)

参考文献

1)小河 英人 他:献血者の混濁血漿.血液事業,6(1):27-38,1983.
2)本間 稚広 他:新鮮凍結血漿の品質管理-白濁についての検討-.
  血液事業,11(4):549-551,1988.
3)永井 透 他:血液成分に及ぼす脂質の影響-Ⅰ.日赤薬剤師会会誌,56:153-157,1988.
4)高柳 美行 他:乳び血漿製剤に対する一見解.
 

本文ここまで