ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

医療関係者の皆さまへ

自己血輸血について

皆さんは世の中で一番安全な輸血と尋ねられた時になんと答えますか?.....それは輸血をしないことです。 しかしながらどうしても輸血が必要になった時には自分の血液を体内に戻す自己血輸血が現時点では一番安全な方法と考えられます。

自己血輸血の利点

(1)未知の副作用が生じない。(2)赤血球、白血球、血小板、蛋白抗原に対して感作されることがなく、溶血、発熱、アレルギー反応などの免疫反応がない。 (3)GVHD発症の危険がない。(4)免疫の抑制による病気の増強作用が生じない、などの利点が挙げられます。

自己血輸血の適応

(1)手術前状態が良好で、手術中の出血量が予測でき、輸血が必要と判断される時。 (2)まれな血液型や免疫抗体があり、容易に適合血液を見出し得ない時。(3)大量出血が予測される時(術中回収式)。 (4)宗教的信条から他の人からの血液を拒否する時、などが自己血輸血の適応となります。
ただし、手術中の出血量が少なく輸血を必要としない場合や診断から手術までの期間が短い等の理由により実施が困難な場合もあります。

自己血輸血の方法

(1)術前貯血式、(2)術前希釈式、(3)術中回収式、があり状況に応じていずれかまたは複数の方法を選択します。

血液センターと自己血輸血

自己血輸血は、医療機関において患者さんとのインフォームド・コンセントに基づき実施するものですが、 医療機関から血液センターに対し自己血輸血協力の要請がある場合には、 輸血用血液に関する各種の技術や知識を提供するなどの協力を行っています。
自己血輸血に関するご質問等につきましては、道内各血液センターの学術担当者迄ご連絡をお願いいたします。

写真は、技術協力・製剤開発「自己血」をご覧ください。

本文ここまで