ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

よくあるご質問

検査

【Q】献血をすると検査結果が送られてきますが、コレステロールの標準値が病院と違うような気がするのですが、どうしてですか?
【Q】血液型「Bm」の人が輸血を必要とする場合,苦もなく手配できるものでしょうか?

質問献血をすると検査結果が送られてきますが、コレステロールの標準値が病院と違うような気がするのですが、どうしてですか?

病院でいう正常値は、この値を超えると動脈硬化などが起こりやすくなる値ということで、むしろ望ましい値という意味です。血液センターでは献血された数万人のデータを統計処理し、平均的な値を算出しています。つまり標準値に入っていれば普通だということです。

血液型「Bm」の人が輸血を必要とする場合,苦もなく手配できるものでしょうか?

「Bm」はB型の亜型に分類される血液型です。亜型というのは、通常の血液型に比べ血液型を表現する物質が少ないもので、今回ご質問の「Bm」は、B型を表現する物質が少ない血液型のひとつです。ただ、血液自体に何ら異常はなく、病気との関連もありません。 また、輸血が必要となった場合は通常のB型を使用しても問題はなく、同じ「Bm」の血液を用意する必要はありません。 頻度については、北海道赤十字血液センターの献血者の0.015%(新規献血者113,170名中17名)に「Bm」が検出されています。

本文ここまで

ここからサブメニュー

よくあるご質問

  • はじめての献血
  • ひまわりCROSSメールクラブ
  • 200mL献血について
  • 献血バスを呼ぶ
  • 患者さんの声
  • 献血のなかま
  • 感染症検査通知を受けられた方へ
  • さい帯血バンク 骨髄バンク
  • 見学コーナー
  • 献血セミナー実施のご案内
  • 北海道赤十字血液センター公式Facebook
  • 北海道赤十字血液センター公式LINE@

サブメニューここまで