ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

医療関係者の皆さまへ

これまでの主な研究について

非溶血性輸血副作用に関する研究

非溶血性輸血副作用症例においては、抗HLA抗体、抗血小板抗体、抗顆粒球抗体、抗血漿蛋白抗体などが、受血者の血液または血液製剤中(ドナ−側)に検出される場合があります。しかし、検出される抗体が、該当する輸血副作用をひきおこすかどうかについては不明です。また、ドナー側に抗体があったとしても、そのドナーからの血液製剤が別の受血者に輸血された場合を遡ってみた場合、副作用を発症していないことが大半で、その理由についても不明です。そこで、我々のグループでは、検出される抗体が血液細胞に与える生理活性を解析することによって、実際の輸血副作用との因果関係を少しでも明らかにしようという検討をおこないました。特に、抗HLA抗体(クラスIおよびクラスII抗体)の顆粒球と単核球細胞への作用を調べました。同時に、抗体に対する反応性の違いが、非溶血性輸血副作用が起こったり起こらなかったりという個体差に関連している可能性についても検討しました。
また蕁麻疹などの副作用には、肥満細胞(マスト細胞)からのヒスタミン放出が関与していると考えられています。ヒトから肥満細胞を得るのは困難なため、培養下で肥満細胞を大量に得る系を確立し、副作用に関連するさまざまな因子の影響を調べました。

研究論文

非溶血性輸血副作用に関する研究

  1. Takahashi D, Fujihara M, Azuma H, Miyazaki T, Uchimura D, Wakamoto S, Sato S, Kato T, Ikeda H. Adhesive interaction between peripheral blood mononuclear cells and activated platelets in the presence of anti-human leukocyte antigen Class I alloantibody causes production of IL-1β and IL-8. Vox Sang. 102:250-7, 2012.
  2. Wakamoto S, Fujihara M, Takahashi D, Niwa K, Sato S, Kato T, Azuma H, Ikeda H. Enhancement of endothelial permeability by coculture with peripheral blood mononuclear cells in the presence of HLA Class II antibody that was associated with transfusion-related acute lung injury. Transfusion 51:993-1001, 2011.
  3. Takahashi D, Fujihara M, Azuma H, Miyazaki T, Uchimura D, Wakamoto S, Sato S, Kato T, Ikeda H. Stimulation of human neutrophils with sera containing HLA Class I alloantibody causes preferential degranulation of azurophilic granules and secretory vesicles. Vox Sang 98:560-566, 2010.
  4. Wakamoto S, Fujihara M, Sakagawa H, Takahashi D, Niwa K. Morioka M, Sato S, Kato T, Azuma H, Ikeda H: Endothelial permeability is increased by the supernatant of peripheral blood mononuclear cells stimulated with anti-HLA class II antibody. Transfusion 48:2060-2068, 2008.
  5. Yamaguchi M, Azuma H, Fujihara M, Hamada H, Ikeda H. Generation of a considerable number of functional mast cells with a high basal level of FcepsilonRI expression from cord blood CD34+ cells by co-culturing them with bone marrow stromal cell line under serum-free conditions. Scand J Immunol. 65:581-588, 2007.
  6. Sakagawa H, Miyazaki T, Fujihara M, Sato S, Yamaguchi M, Fukai K, Morioka M, Kato T, Azuma H, Ikeda H: Generation of inflammatory cytokines and chemokines from peripheral blood mononuclear cells by anti-HLA class II antibodies-containing plasma that were associated with severe nonhemolytic transfusion reactions. Transfusion 47:154-161, 2007.
  7. 若本志乃舞、藤原満博、宮崎 孔、高橋大輔、佐藤進一郎、中島文明、森田庄治、寺木佳子、福森泰雄、佐藤博之、山本定光、加藤俊明、東 寛、池田久實:抗CD36抗体陽性血清による血小板活性化と抗体価との関連性. 日本輸血細胞治療学会誌52: 589-598, 2006.

本文ここまで

ここからサブメニュー

検査・製剤の開発について

  • はじめての献血
  • ひまわりCROSSメールクラブ
  • 200mL献血について
  • 献血バスを呼ぶ
  • 患者さんの声
  • 献血のなかま
  • 感染症検査通知を受けられた方へ
  • さい帯血バンク 骨髄バンク
  • 見学コーナー
  • 献血セミナー実施のご案内
  • 北海道赤十字血液センター公式Facebook
  • 北海道赤十字血液センター公式LINE@

サブメニューここまで