ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

献血って?

ホーム 献血って? 献血の流れ 献血後、気になる症状がある

献血後、気になる症状がある

献血後、気になる症状がある場合の対処方法の参考例を紹介します。


1.針跡から血が出てきて止まらないときは

 ~圧迫すれば必ず血は止まりますので、安心して下さい~


①針跡に絆創膏、無ければきれいなティッシュ等を当てて下さい。

②絆創膏等の上から、5~10分間しっかり指で圧迫しましょう。

 その際、針跡の部位を心臓の高さより高くすると、より止血しやすくなります。

   

③絆創膏を外し、血液がにじんでこなければ止血終了です。

 まだにじんでいる場合は、再度圧迫止血を継続して下さい。

 血が止まっても、しばらくは針跡を擦らないようにしましょう。



針跡が青くアザ(皮下出血)になった場合は、
「3.針跡が青くアザになっているときは」

を参照して下さい。


2.気分が悪い時は

①頭を低くして横になりましょう。
 この時に、膝を立てると更に効果があがります。

  

②気分が落ち着けば、水分をしっかり取りましょう。

③過度な運動は控え、安静に一日を過ごして下さい。



血圧が下がることによって、めまい、冷汗、嘔気などの症状がでます。

横になることで、血圧低下が治まり気分が回復します。



3.針跡が青くアザになっているときは



(原因)

 針を刺した血管から血液が皮下へ漏れた状態(皮下出血)です。

 打ち身と同じで、青アザは日数と共に消失していきますので心配いりません。
 多少の痛みが伴う場合もありますが、青アザの消失と共に無くなります。

 痛みや痺れ、広範囲の青アザ等で心配な場合は、献血した施設へお知らせ下さい。







 症状が心配な方は、こちらから各施設へご連絡ください。

本文ここまで

ここからサブメニュー

献血の流れ

  • はじめての献血
  • ひまわりCROSSメールクラブ
  • 200mL献血について
  • 献血バスを呼ぶ
  • 患者さんの声
  • 献血のなかま
  • 感染症検査通知を受けられた方へ
  • さい帯血バンク 骨髄バンク
  • 見学コーナー
  • 献血セミナー実施のご案内
  • 北海道赤十字血液センター公式Facebook
  • 北海道赤十字血液センター公式LINE@

サブメニューここまで