ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

献血のできるところ

☆新さっぽろ献血ルームより☆

 冷え込みが一段と厳しい時期になりました。皆さんお元気ですか?インフルエンザや胃腸炎、雪道での転倒による怪我、車の運転などに気をつけてくださいね!

 街を歩いていると「献血にご協力をお願いします!』と必死に呼びかけをしているのを見かけたことはありませんか?そんなに献血する人が少なくて困っているの?と不思議に思われる方もいますよね?これは、血液の有効期限と病院での血液の使用状況が関係しています。400mL血液製剤の有効期限は21日間、血小板製剤の有効期限は4日間です。ですので、過剰に採血しないように、あらかじめ使用量を予測し必要数を割り出し、毎日毎日過不足なくA・O・B・AB型バランスよく献血のご協力を得られるのが理想です。でも実際はなかなかうまくいきません。ある型に集中したり、極端に少なかったり。そもそも日々の必要数は決められているのに、その人数まで集まらないことも多々あります。加えて病院から緊急に注文される血液製剤。緊急でなくても受注がある型に偏ったり、予測よりもはるかに使用量が少ないこともあります。常に予測どおりに受注が入るわけではありません。『血液型さえなければ・・』と思うこともしばしばです。
呼びかけや献血要請の電話がかかる時、そんな事情が隠れています。皆さま、ぜひご理解とご協力をお願いいたします!


★今月の定休日★
2月21日(火)はduo定休日のためお休みさせていただきます。
ぜひ、平日のご協力もお願いいたします!

本文ここまで