ここからメインメニュー

  • 献血って?
  • 献血のできるところ
  • 患者さんに届くまで
  • 医療機関の皆さまへ
  • 血液センターのご案内
  • 職員採用情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

献血のなかま

平成29年10月

学校法人大原学園 函館校 様

協力日:平成29年10月30日

永年にわたる安定した献血協力
学校法人大原学園函館校様には、社会貢献活動の一環として平成22年度から移動献血車での献血にご協力をいただいております。
献血実施時においては、休み時間や放課後に担当教職員の方をはじめ各教職員の方々から、生徒の皆さんに対する熱心な呼掛けにより、少子化の影響で若年層の献血者が年々減少している中、大原学園様からは、お陰様でいつも安定したご協力をいただいております。
今後も輸血を必要としている患者さんへ安定的に輸血用血液をお届けできるよう、継続的なご支援とご協力をお願いいたします。
 

札幌保健医療大学 様

札幌新星ライオンズクラブ 様

協力日:平成29年10月8日

「札保祭」で初めての献血実施
平成25年4月に開学した札幌保健医療大学様では、毎年、大学祭「札保祭」を開催しています。今回、「札保祭」に初めて献血バスを配車させていただきました。
実施に際しては、実行委員の皆様が中心となって、学生への呼びかけ、ポスターの掲示、チラシの配布、そしてパンフレットへの案内掲載などで献血実施の周知をして下さいました。
また、札幌新星ライオンズクラブ様には、献血ご協力者への感謝の気持ちとして処遇品「焼きそば弁当」を寄贈いただきました。
お陰様をもちまして、5時間で49名と多数のご協力を得ることができました。
少子高齢化が進展しているなか、若い世代の献血が特に必要です。今後とも献血活動にご支援とご協力をお願いいたします。
 
 
 

札幌電気工事業協同組合 様

札幌電気工事業協同組合青年部 様

協力日:平成29年10月6日

社会貢献の一環で献血協力
平成29年10月6日、札幌電気工事業協同組合様、札幌電気工事業協同組合青年部様に初めて献血のご協力をいただきました。
札電協様は、児童養護施設のイルミネーションやライトアップ、オレンジリボン活動等、地域社会に根付いた業界発展のため、さまざまな地域貢献活動に取り組まれています。
今回は、総務委員長の細野隆平様から、新たな社会貢献の一環として札電協青年部の合同委員会に併せて献血協力をしたいとの連絡を頂き、献血実施に繋がりました。
実施にあたっては、組合事務所や組合員の皆様にも呼び掛けていただき、多くの方にご協力いただくことができました。
輸血を必要としている患者さんへ安定的に輸血用血液をお届けできるよう、引き続き献血へのご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
 
 

本文ここまで